スポンサーリンク

ドローンのパーツ

バッテリー充電器”HiTEC X1 Pocket”使用レビュー

野外でのドローン練習時、
バッテリー充電器は必須アイテムのひとつです。

210、250サイズドローンでの大きめのバッテリー
12V 2200mAh 3セルバッテリーでも
もってせいぜい7分程度ですので。

しかし、前回の練習で、


1800mAh × 2本、 2200mAh × 1本持っていきましたが、
充電が間に合わず、長らく充電待ちの無駄な時間が発生してしまっていました。。

そこで、次の練習では、時間を効率的に使うため、
新しいバッテリー充電器を探し求め、
おなじみ秋葉原スーパーラジコンへ〜

悩みを打ち明け相談した結果、購入したのがこちら
IMG_1672

今まで使用していた、充電開始ボタンを押すだけのシンプルなタイプと異なり
様々なバリエーションの充電モードが搭載されています。

特に、バランスチャージというものが便利です。
なんと、複数セルバッテリーの各セルに均等に充電してくれるんです。

そして、ストレージモードなる長期保管用に
最適化してくれる充電モードは、
バッテリー自身の寿命にも優しい機能。

そして、個人的には一番ありがたい機能は
充電中の各セルごとの電圧数と充電残量が
モニターで確認できることです。

IMG_1669

IMG_1671

あと、充電器本体は、充電中冷却ファンが回るので、
熱問題も安心ですね。

値段は今までのシンプルタイプよりお高いですが、
それ以上に便利で、お値段以上の価値を実感しました。

今後の野外でのドローン練習は、バッテリー充電器2台体制で臨みたいと思います!

ピックアップ記事

  1. フライトコントローラーSP Racing F3をRaspberryPiで操作
  2. かっこいいアンテナホルダーを自作する方法
  3. プログラミングができる市販ドローン”Parrot Bebop2…
  4. 新世代フライトコントローラーSP Racing F3
  5. Parrot Bebop2のカメラ映像をリアルタイムにYouTube配信する方法…

関連記事

  1. ドローンのパーツ

    自作ドローンに必要な10種のパーツ徹底解説

    最近ドローンの自作方法について聞かれることが多く必要なパーツを一通り…

  2. ドローンのパーツ

    かっこいいアンテナホルダーを自作する方法

    プロポの受信機のアンテナは機能だけしてくれればいいという考えで、今…

おすすめ記事

最近の記事

  1. トイドローンTelloでGo言語プログラミング!フロントカメ…
  2. DJIとIntelの最新技術の結晶 80gの小型ドローンTe…
  3. Parrot Bebop2のカメラ映像をリアルタイムにYou…
  4. Parrot bebop2をNode.jsで操作してみた
  5. プログラミングができる市販ドローン”Parrot…

月別アーカイブ

  1. ドローンのパーツ

    自作ドローンに必要な10種のパーツ徹底解説
  2. ドローン練習

    ドローン練習に行ってきました #2
  3. ドローンのパーツ

    バッテリー充電器”HiTEC X1 Pocket”使用レ…
  4. RaspberryPi

    MQTTでドローンの自動操縦を考える(1)
  5. ドローンのパーツ

    かっこいいアンテナホルダーを自作する方法
PAGE TOP