スポンサーリンク

RaspberryPi

ラズパイで3Gデータ通信をするには

Raspberry Pi 3で、3Gデータ通信をしたいので
USB型の3Gデータ通信ドングル”FS01BU”を購入。
IMG_1046
IMG_1040

SIMカードは実用段階ではsoracom等検討するとして
今回は、OCNモバイルONEで契約した定額のsimカードを使います。
設定ミスなんかで鬼通信しちゃった日には、請求額が恐ろしいですから。

手順は、他サイトのsoracomをラズパイで使うための設定方法等
ごろごろあったので参考にさせてもらいました。
OCNの場合も基本soracomと設定方法は同じです。
両方ドコモ系のMVNO事業者ですので。

違うのは、OCNモバイルONEの場合、SIMにPINロックが掛かっているため
PINロック解除させる手間が一つ挟むので、
そこではまりました。

以下、手順です。

まずは、お決まりのapt-getで
必要なミドル・ソフトウェア(wvdial, usb-modeswitch)をインストールします。

 $ sudo apt-get install usb-modeswitch wvdial

次に、各種設定です。
USBデバイスをRaspberry Piと接続し、lsusbコマンドを打ちます。

 $ lsusb

scr2016061601-1
この1c9eがベンダーID、6801が本製品FS01BUの製品IDです。
これをttyデバイスとして認識させます。

 $ sudo modprobe usbserial vendor=0x1c9e product=0x6801

そして、ttyデバイスを探すと、

 $ ls -l /dev/ttyUSB*

scr2016061602-1
認識されました。

最後の設定が、wvdialの設定です。
configファイルを編集します。(なければ新規作成)

 $ sudo emacs /etc/wvdial.conf
[Dialer Defaults]
Init2 = ATZ
Init3 = ATQ0 V1 E1 S0=0 &C1 &D2 +FCLASS=0
Init4 = AT+CGDCONT=1,"IP","3g-d-2.ocn.ne.jp(通信事業者の設定による)"
Dial Attempts = 3
Modem Type = Analog Modem
Dial Command = ATD
Stupid Mode = yes
Baud = 460800
New PPPD = yes
Modem = /dev/ttyUSB2
ISDN = 0
APN = soracom.io
Phone = *99***1#                                                                
Username = mobileid@ocn(通信事業者の設定による)
Password = mobile(通信事業者の設定による)
Carrier Check = no
Auto DNS = 1
Check Def Route = 1

[Dialer pin]
init1 = AT+CPIN = ****(SIMカードのPINコード)

で保存すれば準備完了で、

 $ sudo wvdial

とすると、
scr2016061604-1

繋がりました!
remote IP address、DNS addressなどの値を取得できてるので
まだ確認してないけど、外の世界とつながった感がありますね。

念のため、確認しておきます。
私のいつもの確認コマンド。

 $ ping google.com

これで、インターネット接続、DNSの両方確認できます。

scr2016061605-1

問題なさそうです。
これで、私のラズパイは、LANケーブルが届く場所という距離的制約から解放され
携帯電波の届く範囲を動き回る権利が与えられました。

IMG_1042

ピックアップ記事

  1. Parrot Bebop2のカメラ映像をリアルタイムにYouTube配信する方法…
  2. DJIとIntelの最新技術の結晶 80gの小型ドローンTello
  3. ドローン練習に行ってきました #3
  4. トイドローンTelloでGo言語プログラミング!フロントカメラのビデオ映像も取得…
  5. フライトコントローラーSP Racing F3をRaspberryPiで操作

関連記事

  1. RaspberryPi

    ラズベリーパイにパッケージインストール

    Raspberry Pi 3をどんどん自分仕様にしていきます。パッ…

  2. RaspberryPi

    フライトコントローラーSP Racing F3をRaspberryPiで操作

    フライトコントローラーSP Racing F3をプロポではなく、Ra…

  3. RaspberryPi

    ラズベリーパイはじめました

    秋葉原の千石電器に行き、前から気になっていたRaspberryPi3…

  4. RaspberryPi

    MQTTでドローンの自動操縦を考える(1)

    ドローンの自動操縦への一歩として、前回、を紹介しましたが、今回…

  5. RaspberryPi

    iPhoneでドローン(SPRacingF3)を操縦する方法

    以前の記事では、ドローンに積んだフライトコントローラーSP Ra…

おすすめ記事

最近の記事

  1. トイドローンTelloでGo言語プログラミング!フロントカメ…
  2. DJIとIntelの最新技術の結晶 80gの小型ドローンTe…
  3. Parrot Bebop2のカメラ映像をリアルタイムにYou…
  4. Parrot bebop2をNode.jsで操作してみた
  5. プログラミングができる市販ドローン”Parrot…

月別アーカイブ

  1. ドローン制作

    QAV250をリニューアル制作
  2. ドローン制作

    210サイズドローンの制作
  3. フライトコントローラー

    新世代フライトコントローラーSP Racing F3
  4. プロポ

    バッテリー切れで墜落するのを防ぐには
  5. プロポ

    プロポはモード1がよいかモード2がよいか?
PAGE TOP