スポンサーリンク

RaspberryPi

ラズベリーパイにパッケージインストール

Raspberry Pi 3をどんどん自分仕様にしていきます。

パッケージ管理ツールapt-get
が予めインストールされているので、
アップデートします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

何かと使うライブラリをインストール

$ sudo apt-get install gcc make g++ libssl-dev libc-ares-dev libc-ares2 make
$ sudo apt-get install libdbus-1-dev libdbus-glib-1-dev libglib2.0-dev 
$ sudo apt-get install libical-dev libreadline-dev libudev-dev libusb-dev

よく使うプログラム言語Perl、node.js
やらのパッケージ管理ソフトを入れます。

$ sudo apt-get install npm build-essential cpanminus

ソース変更管理の必須ツールGit、
JSON形式を扱うjq、
そして、テキストエディターはemacs!

$ sudo apt-get install git emacs jq

ここまでエラー等全く無く順調で、
まだソースからインストールしなきゃいけない事態にはなってません。
ここらへんで、一旦、状態確認。

なんとなく、ディスク容量を確認。
scr1-1
64GBSDカードがハードディスク代わりで、空き53GBもあります。
十分すぎるほどの容量。

バージョンチェックいきます。
まずは、emacs。

scr3-1
お!すごい!バージョン24がapt-get一発で入った!!
少し前にRedHat系CentOSにyumインストールした時は、
確かバージョン22だったので、ソースからインストールしなきゃいけなかった。。

お次はperl。
scr2-1
バージョン5.20が入ってます。十分ですね。
(最近perl使わなくなったな〜)

ピックアップ記事

  1. かっこいいアンテナホルダーを自作する方法
  2. トイドローンTelloでGo言語プログラミング!フロントカメラのビデオ映像も取得…
  3. Parrot Bebop2のカメラ映像をリアルタイムにYouTube配信する方法…
  4. プログラミングができる市販ドローン”Parrot Bebop2…
  5. MQTTでドローンの自動操縦を考える(1)

関連記事

  1. RaspberryPi

    ラズパイで3Gデータ通信をするには

    Raspberry Pi 3で、3Gデータ通信をしたいのでUSB型の…

  2. RaspberryPi

    iPhoneでドローン(SPRacingF3)を操縦する方法

    以前の記事では、ドローンに積んだフライトコントローラーSP Ra…

  3. RaspberryPi

    フライトコントローラーSP Racing F3をRaspberryPiで操作

    フライトコントローラーSP Racing F3をプロポではなく、Ra…

  4. RaspberryPi

    ラズベリーパイはじめました

    秋葉原の千石電器に行き、前から気になっていたRaspberryPi3…

  5. RaspberryPi

    MQTTでドローンの自動操縦を考える(1)

    ドローンの自動操縦への一歩として、前回、を紹介しましたが、今回…

おすすめ記事

最近の記事

  1. トイドローンTelloでGo言語プログラミング!フロントカメ…
  2. DJIとIntelの最新技術の結晶 80gの小型ドローンTe…
  3. Parrot Bebop2のカメラ映像をリアルタイムにYou…
  4. Parrot bebop2をNode.jsで操作してみた
  5. プログラミングができる市販ドローン”Parrot…

月別アーカイブ

  1. プロポ

    プロポはモード1がよいかモード2がよいか?
  2. ドローン練習

    ドローン練習に行ってきました #3
  3. Webプログラミング

    Parrot Bebop2のカメラ映像をリアルタイムにYouTube配信する方法…
  4. RaspberryPi

    ラズベリーパイにパッケージインストール
  5. フライトコントローラー

    フライトコントローラー(SP Racing F3)にGPSモジュール(ublox…
PAGE TOP