スポンサーリンク

ドローン制作

210サイズドローンの制作

GForceの210サイズフレームセットを使用し、ドローン2号機を制作しました。

IMG_0990

パーツ構成

■フレーム
– GForce製 210 Racer フレームセット

■モーター & ESC(スピードコントローラー)
– GForce製 ドローン用モーター 1806-2300KV
– GForce製 スピードコントローラー DR-12AB

■フライトコントローラー
– CC3D
– openpilot

■プロペラ
– メーカー不明 5045サイズ 3枚羽

■プロポ + レシーバー
– Futaba 10J
– 10J付属のFutaba R3008SB

■電源等、その他
– メーカー不明 パワーボード
– 十分な配線
– T端子
– 3mmネジ適量、3mmネジ用スペーサー適量

制作手順

フレームの中央にくぼみが有り、
パワーボードを置いてみたら幅がぴったし。
しかし、このままだと不安定なので、接着剤で固定。

パワーボードはフレームキットの中に付いてきますが
LED、ブザーやら余計な機能は一切取っ払い
電源の分配だけをしたかったので、別途小さいサイズのPDBを用意しました。

モーターとESCを固定しますが
さすがに210サイズでコンパクトなだけあって
ESCの置き場所に悩みます。

悩んだ末こんな配置に。
配線は、出来る限り短くして、半田付け。
(ESCの端子むき出しはよくないので、別途、テープでぐるぐる巻に)

IMG_0958
IMG_0963
IMG_0962

ちなみに、ESCのフライトコントローラー側端子は3本線ですが
真ん中の1本はフライトコントローラーへの電源供給用なので
1つを除き、3つのESCの電源供給ラインは取り除いてしまいます。

IMG_0965
IMG_0964

上にフライトコントローラーのCC3Dを載せようと思いますが、
金属むき出しの基盤同士がぶつかって壊れそう。
なので、プラスチック(なんかのケースをはさみでちょきちょき)で
なんちゃって保護板を作成。

IMG_0959

これを、パワーボードの上に置いて

IMG_0961

こんな感じでしょうか。
さらに、CC3Dをこの上に被せると

IMG_0957

いい感じ。
ESCのコネクター4つをCC3Dの上部にあるピンに接続します。

IMG_0956

プロポのレシーバーは、S.BUSという接続方式を使うと
なんと、1つのコネクター(線はたったの3本)
だけで、接続できちゃうんです。すごく便利!

IMG_0953

レシーバーを適当におさめてフタをして、プロペラをつけると・・・

IMG_0949

5インチのプロペラは、フレームとのクリアランスが
僅か1mm, 2mmくらいです。。さすがGForce専用設計。

あとは、飛ばすときにバッテリーを上部に乗せれば、、

IMG_0946

完成です。

※写真のプロペラの配色は、船の灯火類は右舷側が緑、左舷側が赤を真似たもの。

ピックアップ記事

  1. フライトコントローラーSP Racing F3をRaspberryPiで操作
  2. iPhoneでドローン(SPRacingF3)を操縦する方法
  3. ドローン練習に行ってきました #3
  4. かっこいいアンテナホルダーを自作する方法
  5. プログラミングができる市販ドローン”Parrot Bebop2…

関連記事

  1. ドローン制作

    QAV250をリニューアル制作

    半年前に作ったQAV250を分解し、今回は、色々とパフォーマンスを上…

  2. ドローンのパーツ

    かっこいいアンテナホルダーを自作する方法

    プロポの受信機のアンテナは機能だけしてくれればいいという考えで、今…

  3. その他

    ドローンはじめました。

    なんとなく、ドローン面白そうだなと思い、購入を決意。どうせなら、自作…

おすすめ記事

最近の記事

  1. トイドローンTelloでGo言語プログラミング!フロントカメ…
  2. DJIとIntelの最新技術の結晶 80gの小型ドローンTe…
  3. Parrot Bebop2のカメラ映像をリアルタイムにYou…
  4. Parrot bebop2をNode.jsで操作してみた
  5. プログラミングができる市販ドローン”Parrot…

月別アーカイブ

  1. 市販ドローン

    Parrot bebop2をNode.jsで操作してみた
  2. RaspberryPi

    ラズベリーパイにパッケージインストール
  3. ドローンのパーツ

    かっこいいアンテナホルダーを自作する方法
  4. ドローン練習

    ドローン練習に行ってきました #3
  5. フライトコントローラー

    新世代フライトコントローラーSP Racing F3
PAGE TOP